読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

変化しないものはない。

「変化を恐れない。」・・・とよく言われるが、変化しないものなんてない。

 

久しぶりに会った友達であっても、もう学生時代の友達じゃない。

目の前にいるのは、変化した一人の新しい人・・・だ。

 

同じように話していても、それは記憶を手繰り寄せているからだ。

「今」の友達は学生時代に知っていたその彼、彼女じゃない。

 

何が言いたいのかというと、

「彼、彼女は変わってしまったね。」

なんてよく聞くからだ。

 

そんなの当たり前でしょ~変わってないほうがびっくり!なんて思っていた。

 

 

子供だって、三歳のころの彼と十七歳の今の彼は別人だ。

成長という名の変化を経て、今も新しく変化している。

 

いい変化も悪い変化もなく、ただうごめく生命体として変化し続けるのだ。

 

日々移り変わる自然と同じなのだ。

一刻一刻変化する空模様と何ら変わりはないのだ。

生きているのだから。

 

だから、本当はどんな変化も当たり前なのだ・・・。