読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

モノとの付き合い方

気がつけば よく 「モノ」に話しかけている。

 

もちろん 知らない人を驚かせたくないので 声には出さない。(笑)

 

仕事へは いつも原付バイクで行く。

そのバイクは もうずいぶん長く乗っている。

主人が バイクや車に詳しく 修理も手入れもプロ並みにしてくれるからだ。

 

 

ほんとうによく走ってくれているので いつも 乗りながら

「ありがとうね」

「具合が悪い時は早めに教えてね。」と頼んでいる。

 

そのせいか いつも ちゃんと教えてくれる。

ガソリンスタンドのおじさんが 

「前のタイヤ そろそろ危ないよ。」と言ってくれてすぐ 主人に言って替えてもらったこともある。

 

機械オンチだからこそ 「いつもと違う?」という些細な感じを スルーしないように気をつけている。

 

「モノ」の仕組みに 異常に詳しい主人は とても丁寧に バイクはどうやって動いているのかなどを説明してくれるが ほぼ理解できたことはない(笑)

 

だけど 「大事」に思う気持ちは同じだからね(笑)

 

「手をかけて 大事にする」ということは 「そのモノ」にエネルギーが宿る ということだと思う。

 

そうやって 大事に手をかけられたモノは 不思議と粗末に扱われない。

 

これは 「ひと」も同じかもしれない。

「自分」に丁寧に手をかけて手入れをし 「自分」を大切に扱うひとは そのエネルギーを感じるから 他の人からも 雑に扱われることなく 丁寧に大切に扱われる。

 

単なる「見た目」の美しさだけでなく そこには見えないけれどすべてに

「エネルギー」が関係していると思う。