読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

それは誰の領域?

「優しいひと ホントに優しい」

 

「・・?」

なんのこと?一体誰の事?

 

以前 リーディングで 伝えられたその言葉に驚いた。

 

「道の向こうで倒れている人を見ただけで ドキドキするでしょ?」

 「えっ? みんなそうじゃないの?」

その方が驚きだった。

 

あまりにも意識していない部分だった。

でも それは 「感情移入しすぎる」傾向がある ということだ。

 

そして無意識に人の領域に入ってしまう。

本来なら その人が責任を持たなくてはいけないことに かかわってしまう。

そして 自分の多くのエネルギーをそこに注ぎ 「自分」へのエネルギーは ほんのちょっぴり・・という状態だった。

 

「ひととの境界線を尊重」して「自分を律する」

ことに何年も取り組んでいる。もちろん今も。

 

責任を持つのは「自分の領域」だけなのだ。

「自分を最大限生きる」ことを最優先する。

 

これは 「人と関わらない」 ことじゃない。

きちんと 人との境界線を見極めて それを尊重し また 自分の領域も尊重することで お互いに気持ち良いコミュニケーションが実現する。

 

世の中の多くのコミュニケーションの問題は ひとの領域にずかずかと入り過ぎることから起きていると思う。

 

時には「放っておく」ことが 最大の解決法だったりする。

 

みな 「自分に集中」することだ。 

そんなことになったら 混乱したり「自己中」な人が増えて迷惑で困ったことになる・・と思われるかもしれないが 確実に今よりは平和になる(笑)と思う。