読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

「自然と調和して生きる」

家のポトスたちの植え替えをした。

 

ベランダで鉢から支柱に絡まるポトスを取りながら ふと気づいた。

 

手が勝手に動く感じ・・なのだ。

いつもは段取りを考えてから動くが、なぜか植物や花が相手だと頭より先に手が動いている。

 

頭が後からついていく何とも面白い感じで、ぱっぱっさっ!というリズムで終わってしまった。

この作業に慣れているわけでも、得意でもないのに。

 

以前生け花を習っていたときも、考えるより先に手が動いていた。

出来上がったものを先生は ものすごくほめてくれた時があった。が、どう生けたのかなぜそう生けたのか自分ではさっぱりわからず、望外に褒められて戸惑った。

 

たぶん、後から考えると 「感覚」で一番自然な感じにしたのだと思う。

 

曲がった枝はそのままに、バランスだけ見て。

 

今でも花は大好きだ。

でも花を生けるのはしていない。

なんとなく はさみで枝をパチンパチンと切って剣山にさす・・ことに楽しさを感じないから。

 

以前、ターシャ・テューダーのバーモントでの暮らしを紹介されていたテレビで、ターシャがチューリップの球根をたくさんたくさん植えているのを見て、ああいいなぁ~ってすごく楽しくなった。

 

たぶん、小さな世界の完成された美よりも、もっとワイルドで自然なままの美しさが好きなのだ。

 

だからターシャのガーデンはほんとうに天国のようだった。

人間の都合ではなく、木や花たちの性格に合わせた場所に植えられていた。

 

植物たちがターシャと共存している感じが とても生き生きしていて素晴らしかった。

 

「自然と調和して生きる」お手本のような強い女性だったなぁと 尊敬しています。