読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

「自分を出していく」

素の自分を出すことは、とても苦手でずっと怖かった。

 

相手のちょっとした表情の変化を読み取り、言葉には出さない思いも汲み取り、それで反応するのが常だった。

 

そして、あまりにも簡単にそれができてしまうがゆえに(みな同じことをしていると思っていた)まったく気づいてもいなかった。

 

「感情移入」や「境界線」に取り組み、自分の感覚を尊重する大切さを学び、いよいよ自分を出す・・ところまできた。

 

・・が、これが本当に大変!!(笑)

 

何せほんの小さなことでも、「これって我がままなんじゃない?えっ、今失礼なことした?」・・・。

自分の感覚や感情を感じる前に、相手の思いを読み取ってしまう癖が抜けないのだ。

 

長年の習慣はそう簡単には抜けないけれど、気づくことはできる。

なので、スモールステップで今取組み中です。

 

今思えば、そりゃ一人でいたくなるよね・・・と思う(笑)

人の輪の中にいると、いろんな人の思いを読み取り、また読み取るだけじゃなく、それに応えようとして無意識に(自分の願望でないにもかかわらず)動き、頑張っている。

 

全く見ず知らずの人にも同じなのだ。(今はさすがに気づきますが・・。)

 

・・が決してお人よし・・ではありませんよ。(笑)

結果、お人よしになってる・・こともありますが・・。

ただ、相手がしてほしいこと、言ってほしいことをしている・・だけで。

そして、それに忙しくて疲れて、肝心の自分の願いをスルーしまくっていた・・ということに気づいたので、バランス調整中なのです。

 

思いを読めたり、してほしいことがわかったりする能力は素晴らしく、人間関係においては、ものすごく役に立つのですが、要はバランスと自分のその能力に気づいている・・ということが大事だなと思います。

 

 

せっかくが能力あるのに、それによって自分が疲れてしまっては元も子もない(笑)

道具を使いこなせるくらい賢くなる必要がある・・ということです。

 

・・・ということで、些細な自分の願望を聞き逃さず、それに冷や汗をたらしながら(びくびく笑)対応している昨今です。