読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

自分のセンサー

人生も五十を過ぎると、様々なことがわかってくる。

 

今までいろんな人の考えを聞き、本を読み、生きている人、いないひと、体を持たない存在から学んだ。

まだまだ学ぶことは継続中だが、一つの道筋ははっきりした。

 

何事も自分のセンサーを信じる・・というか、感じていることを聞き入れる・・・だ。

 

「エゴ」とはどういうものか?も理解できた。

 

「エゴ」は恐れや不安が根っこにある。

だから、自分のセンサーが感じて「それおもしろそう!」と言っても、あれこれ不安や恐れからできない理由をつらつら考える。

 

「エゴ」が強い時は、まったく行動できなくて停滞していた。

停滞するから変化もなく、変化もないからつまらない・・のループになる。

 

「エゴ」は、たぶん生存本能なのだろう・・と思う。

危険を察知してなるべく安全地帯に体をキープしておきたいのだ。

けれど、行き過ぎると「何もしない人生」になる。

 

魂は様々な経験を創造したくてこの世に来ているから、わくわくしなくなる。

もう十分つまらなさは経験したので(笑)、自分のセンサーに従って魂が向かう方向へ舵を取る時期が来た・・。

 

今はまだ駆け出しだけれど、物事の動く速さが違う。

「エゴ」にはちょっと遠慮して小さくなってもらっているので、なんでもサクサクと進む。

「スムーズ」ってこういうことね・・!

「なんだ、全然大変じゃない。」

「これもできたし、あれもできた!」

 

気がつけば、日々の生活で気の重くなることが無くなっている。

 

「軽く」生きている。

そこがゴールでなく、「軽く」なって自分の思うまま生きることを楽しむことだ。

 

「エゴ」は決して悪者ではない。

「肉体」を持つ限りは安全に生きるためのセンサーだ。

 

でも、「エゴ」にハンドルを握らせてはならない。

ハンドルを握って方向を決めるのは魂である自分自身だ。

 

それでこそ深く満足するのだ。

 

いつでも選択をするときは、「エゴ」からか「魂」からか気づく賢さを持っていたい。