読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

結局みんなしたいことをしている・・。

この間ふと気づいたのは、

「な~んだ、結局みんなしたいことしてるんだ・・。」

ということ。

 

ぐちぐち不満ばっかり言う人は、(そのときは)現状を本気で変えたいわけじゃなくて、動かない言い訳をしているのだ。

 

ひとは本気で変えようと思い立ったら、もう既に行動している。

なので、愚痴を言う人にまっとうなアドバイスを言うと煙たがられるのだ。

 

だって、その瞬間したいことは行動することでなく、そこにとどまること(愚痴を言うこと)なのだから。

 

だから、愚痴を聞く人は気をつけなければいけない。

うっかりアドバイスなんかしようものなら、相手の逆襲に合う。

 

不毛な戦いの渦には入らないことだ。

 

まだ相手は一ミリも動く意思がないのだから。

 

本当にアドバイスがほしい人は、不満や愚痴でなく、

「どうすれば自分を変えていけるのか?」

具体的なことを聞く。

ただ少数だと思うが・・(笑)

 

 

なので、ふと気づいたのはその時その時人は(どんなに客観的に見てひどい状態であっても)、自分の望むことをしているのだなぁ・・・ということ。

 

それぐらい人間の持つ力はプラスにも、マイナスにも働く大きなものだと思う。

 

 

「相手と自分の境界線をきちんと引く。」

・・ことの大切さをまた再び強く感じる。

 

 

誰かにアドバイスをすることは、「種を植えること」だと思う。

種を蒔いたら育てるのは本人だ。

だから、アドバイスした人はその種がどうなったのか気にする必要はない。

 

どう育てるのかはその人の自由だ。

 

そう、自分を育てるのは自分しかいないのだ。

いつまでも外を見ていないで、自分の中をクリアに見て一つ一つ根気強く掃除していく(向き合って対処する)ことで、ふと気づくと楽に生きれている自分に気がつく日がくる・・のだ。

 

霊的成長に一足飛びはない。

もうそろそろ腹をくくり、自分の(ほったらかしの)庭の種をコツコツ育てよう。