ふとした言葉はあなたへのメッセージです。 そのまま受け取ってください。

「ありふれたもの」

日々の生活を丁寧に・・ 自分の足元をよく見て・・ 日々顔を合わせる人のことばの向こう側の思いを大切にし、また感じるように・・ 最近よく感じること。 こうして普通の毎日を暮せることはものすごく幸せなのだ・・ということ。 以前から感謝を感じていたけ…

「直感」というギフト

「よく自分の直感を信じて」 「直感が強い」 ・・と何度も何度もリーディングで言われた。 そのことの重要性をスルーしているとも知らず・・。 しかし、さすがに気づいた。 いや、気づかされた。 「いいかげんにしなさい!」・・と。(笑) 自分にとってはあ…

「私は 私に属することにのみ責任を取ります」

ウイリアム・レーネンさんのことば。 レーネンさんは本当に霊的哲学をそのまま生きている・・ひと。 だから、その言葉はそのままレーネンさんだ。 スピリチュアルはふわふわしたものでないし、またおとぎ話でもない。 言葉で説明が難しいことを、レーネンさ…

スピリットたちとつながって生きる

いま、地球やこの現実の中で「奉仕」をしたいと思ったら一番先にすることは、 「自分をご機嫌にする」・・ということ。 自分の中の様々な思いを受け入れる。 自分の過去を受け入れる。 自分を、許す。 自分を丸ごと闇も光も全部ひっくるめて良しとする。 「…

違いを尊重する

「ひとつのできごと」・・・に対する考え、捉え方、見解、思い・・・などは、皆それぞれ違いがあり、ことによっては大きく違う。 それは、もとになっている考え、判断基準、親の刷り込み、地域の風習、固定観念、信念・・・ひいては前世や魂の記憶の違いによ…

地球に来た目的は・・・。

本当は「間違い」や「失敗」や「問題」と言うものはないのかもしれない。 そう「考える」思いを無意識に、また意識的に握りしめている「自分」がいるだけ。 そう強く「思う」からこそ、その現実にエネルギーが注ぎ込まれ、より現実味を帯びて シリアスになる…

「エネルギー使い」

私たちの本質は 「エネルギー使い」で、何かに意識を向けるというのは 自分の「生命エネルギーを分配する」ということです。 ・・・津留晃一さんの本の中の一文に、ハッとした。 そうマザーテレサも、反戦運動に参加するのでなく平和であることに「意識」を…

惹かれてきたものは・・。

物事の多様さや、ひとの心の多様さ、世界の文化の多様さ、見えない世界の多様さ・・・など、「さまざまなことが入り混じっている」・・「多様」であることに ずっと興味があり、惹かれてきた。 小さなころは、いつもの自分の日常や常識を超えて、垣間見える…

「お金」の存在が消えた世界

「お金」と言う貨幣が存在しない世界が現れてくるかもしれない。 若者の間では「シェア」と言う概念がもうすでに当たり前だし、「お金」に価値を置くのはもう古い概念なのかもしれない。 不安からひとりでため込むよりも、自分のできることをしてたくさんの…

「どれだけ愛しましたか?」

亡くなった母の誕生日・・だなぁ・・と思って料理の手を止めて、顔を上げると プチッとステレオから流れていた音楽が消えた。 「ああ来てくれてるんだ!」 と感じた。 さすがお母さん、ちゃんと知らせることができたね。 そこからは涙が止まらなかった。 誰…

「三次元ゲーム」

この三次元で、どれだけ意識を広げることができるだろうか・・・? というのが、今現在の「課題」であり、ゲームである。 苦手な人や嫌いな人・・と言うのはもはやほとんど存在しない。 理解不能・・というのもほとんどない。 もちろん「エゴ」はかなりあれ…

世界が変わる時

自分で作った自分の牢獄から出る。 またはこの「苦しさ」は自分が作った「牢獄」の中で起こっていること・・に気づく。 そうすると、世界はがらりと変化する。 どこへ行っても何をしても、ずっと自分の頭の中の牢獄に居続けていると、それはただ体を移動させ…

空模様と直感

空の写真を撮るのが好きだ。 そして、「あっ好き!きれい!」 と思ったら、すぐさまスマホで撮る。 空は待ってくれないから。 構図も何も考えず、ただ撮る。 次の瞬間に雲は動き、空の色さえも変化するから。 だからこそ魅力的で飽きない。 ものすごく繊細な…

スプーン曲げからの目からうろこ

先日「目からうろこ」の体験をした。 何が「目からうろこ」になるかは、人それぞれだと思う。 私の場合は、「スプーン曲げ」でそれは起こった。 先日スピリチュアルカウンセラーのEmikoさんの「大阪お話会」に参加させていただいた。 目的は、スプーン曲げ(…

本当の安心とは。

よく言われる「安定した生活」や「安心」は、「もの」や「お金」が豊かにあることだと信じている人が多いと思う。 でも本当の「安心」は、「外側」にはない。 それらは移りゆくし、変化し、また自然も自らの調整のため大小の変化を起こす。 「ひと」ももちろ…

豊かさは常にありふれたものの中にある・・。

どこにでもある景色 道端の小さな花 見上げた空の空模様 木漏れ日 新緑 雨粒 誰かの笑い声 小さな子供たちの無邪気な顔 暖かな日差し 日常のどこにでもありそうなひとコマの中に、豊かさが降り注いでいる。 「豊かさ」は「特別」なものではなくて、本当はい…

インスタグラムの世界

最近インスタを始めた。 ふと気づいたのは、個人個人の「インスタグラムの世界」ってその人の「いま」を表している。 自分のインスタを見返しても、「なるほど・・」 「いま」の私はこんな感じ・・。 おもしろい 綺麗 美しい 楽しい 悲しい 感動 感謝 ・・・…

境界線の大切さ

「サイレントモード」で生活していると、いかに余分なエネルギーを使っていたのかが実感できる。 数日前から喉が痛いなぁ・・と思っていたらとうとう声が出なくなった。 で、声を出さないサイレントモードでの生活の始まり・・ 体からの「メッセージ」は・・…

日々生まれ変わる

人の細胞は何日か、何か月か周期で生まれ変わるらしい。 「脳」は精密なコンピュータだから、細胞が生まれ変わって新しい自分になっているのに、以前のままの情報で動かそうとする。 その「しくみ」に気づくと、物事への「反応」を変えることができる。 物事…

頭を使うとき ハートに従うとき

「取扱説明書」を読むときは頭を使う。 「数学の問題」を解くときも頭を使う。 「地図を見るとき」も頭を使う。 「人の話を聞くとき」は、ハートに従う。 「自然と向き合うとき」は、両方だけどハートを多めに。 意識しているわけではないけれど、大事なこと…

「知性とは」

「知性」とは、自分には知らないこと、分からないことがまだまだたくさんあると 「知っていること」だ。 どんなに学んでも努力してもすべてを「知る」ことはないと、この宇宙の膨大な記憶の壮大さをどこかで「知っている」ことだ。 だからこそ「おもしろい」…

ひとの気持に寄り添う・・ということ。

「人の気持ちに寄り添う」 よく聞く言葉だ。 でもこれは言うは易し行うは難し・・だ。 なぜなら、なぜその人がその行動・・たとえば明らかにルール違反だったり、表面的には一方的に悪いと言われる行動をとったのかを、深く深く掘り下げて理解してはじめてで…

「自分に正直に」のさきにあるもの。

仕事の中で、別に言わなくてもいいのだけれど・・・。 でも自分の中で改善の余地を感じたり、疑問に思っていることを表現していく。 それは自分へのチャレンジ。 小さな勇気が必要なこと。 変化を起こすきっかけを創ることになるし、また反対意見にも出会う…

心の風景を美しく・・。

心の風景と同じ「ことば」は、ダイレクトに相手に伝わる。 それが美しくても 優しくても 残酷でも・・。 「ことば」と心の風景にずれがあると、混乱を招く。 相手は違和感を感じ、自分はどんよりする。 ひとの心の風景は目に見えないけれど、私たちはつなが…

「天国」へのなぞなぞ

「本当の宝物は自分の中にある」 ・・・それを宝物だとわかるならば・・。 そしてそれは誰にも奪われないし、無くなったりしないし、永遠に失われないもの。 そしてそれは膨大な知識と、パワーを持ち、なんにでも姿を変えられる。 なぞなぞのようだが、答え…

自らすべてを由とする

私にとっての「自由」は、 「自らすべてを由とする」・・ということ。 誰にどう思われようが 誰が何と言おうが どんなに悲惨で残酷に見える出来事であっても・・ 自らすべてを由しとする生き方が「自由に生きる」ということ。 正しさや常識を超えたところに…

もし食べなくていいのなら、なにをするだろうか?

「もし食べなくても生命が維持できるなら、何をするだろうか?」 私たちはこの体を維持するために「経済活動」を日々している。 「現実」という制限の中で、本来はもっとも大切なものが隠されてしまった。 だから、時々自分に問う。 「もし食べなくていいの…

自分に効く、聞くこと。

もう何年も前から本を読み、気になっていたフラワーレメディを息子のためにと思い、試してみた。 結果、効いたのは「自分」・・だった。 なるほど・・と腑に落ちた。 レメディを必要としていたのは、「自分」だったのだ。 そしてここでも再確認。 自分に必要…

根拠のない自信

「根拠のない自信」ほど確かな自信はない。 何だかわからないけれど、「大丈夫」だとはっきりとわかる。 何だか分からないけれど、できる気がする。 小さい子供はこの自信を皆持っている。 だから、ものすごい壮大なかつ面白いことを言う。 でも、本来私たち…

どうでもいいことの先に見える景色

流れる思考・・。 自分の思考を観察していると、人間って本当にどれだけ「思考」しているのか・・・ と驚愕する。 それもほぼどうでもいいこと(笑)を・・。 それで、もう人生50年も生きてきたのだから、「もういいな」と思った。 「思考」は生きている限…